検索文字を入力してください
代表のご紹介
主な対応地域

吹田市,摂津市

茨木市,高槻市,島本町,豊中市,池田市,箕面市等の北摂地域,その他大阪市内全域

※その他の地域もご相談承ります。

モバイルサイト

成年後見と死亡届

明日から盆休み。負の連鎖を連休で気持ち入れ替えいい流れに変えたい、大阪吹田の司法書士・行政書士の伊藤貴胤です。

事件忘備録。

成年被後見人の親族(成年後見人等はついていない)が亡くなり、その親族の死亡届を成年後見人が届出できるか、戸籍法を確認。

成年後見人が死亡した成年被後見人の死亡届を届出できるの当然。

では、成年被後見人さんの親族が死亡した場合、その親族さんの死亡届も成年後見人ができるのか。

答えは可能。

奥さんも子供いない成年被後見人の親族が亡くなったので、直観的にはできると思ったが、根拠を確認。

まず、第87条。

 左の者は、その順序に従つて、死亡の届出をしなければならない。但し、順序にかかわらず届出をすることができる。

 第一 同居の親族

 第二 その他の同居者

 第三 家主、地主又は家屋若しくは土地の管理人 

② 死亡の届出は、同居の親族以外の親族、後見人、保佐人、補助人及び任意後見人も、これをすることができる。

そして、第31条。

「届出をすべき者が未成年者又は成年被後見人であるときは、親権を行う者又は後見人を届出義務者とする。ただし、未成年者又は成年被後見

人が届出をすることを妨げない。」とある。

ゆえに、届出すべき親族に成年後見人がついていれば、その成年後見人が届出できるというわけです。

無料相談